2012年6月22日金曜日

Starlingに慣れるためのオススメの方法

Starlingに慣れるためのオススメの方法は、サンプルアプリを好きにいじることです。なんとなくコードを編集してみたり、画像の差し替えたりしながら、疑問がでてきたらネットで調べるとか人に聞くとかする。それで充分理解が深まったらいよいよ自分のアプリに挑戦という流れがいいんじゃないでしょうか。

Web上でも試せるStarlingの公式デモアプリがあります。このアプリのソースはStarlingフレームワークをダウンロードするとサンプルとして付いてきます。最初にいじり倒すにはこれ以上のものはないでしょう。

このサンプルはFlash Builderのプロジェクトとしてインポートすることができるので、慣れてる方なら、ダウンロードしたzipファイルから簡単にプロジェクトとしてインポートして実行することができるでしょう。その場合、demoというプロジェクトがそれなんですが、starlingというライブラリプロジェクトを参照してるので、最低demoとstarlingの2つのプロジェクトをインポートする必要があります。

Flash Builder以外の開発環境なら/samples/demo/srcと/starling/srcをActionScriptのソースパスに追加して、/samples/demo/src/Startup.asをドキュメントクラス(デフォルトのアプリケーション)に指定するといいと思います。

Stage3Dの機能を使うのでFlash Playerは11以降です。

ブラウザ上で実行するためにはSWFを埋め込むときwmode="direct"を指定する必要があるなど面倒なので、スタンドアローンのFlash Player(今はプロジェクタと呼ばれてるのかな)で実行するのがオススメです。最新のプロジェクタはこちらからダウンロードできます。

もっと簡単に

設定なしで、より簡単に公式デモアプリを実行できるようにしたものをアップしたのでよかったら使ってください。(モバイル用も用意したかったんですけど、FlashDevelopの方がややこしかったのでまた今度)
  • Starling 1.1 demo for FlashDevelop 4.zip
    ⇒ダウンロードしたzipファイルを適当なとこに解凍して、Starling 1.1 demo.as3projを開いてください。
  • Starling 1.1 demo for Flash Builder 4.6.zip
    ⇒Flash Builderのメニューから[ファイル]>[Flash Builder プロジェクトを読み込み...]でダウンロードしたzipファイルを参照し新規のプロジェクトとして読み込んでください。
    ※単独のプロジェクトとして実行できるように、ライブラリプロジェクト参照の代わりにStarlingのソースをプロジェクト内に含めました。
どちらもスタンドアローンのFlash Player(プロジェクタ)で実行する設定になってるので、もし古いバージョンのプロジェクタが起動してしまう場合は、SWFのファイルの関連付けを確認してみてください。

ちなみに僕の環境(Windows 7)では関連付けがうまく変更できなくてどうしても古いバージョンのプロジェクタが起動してしまう問題がありましたが、古いバージョンのプロジェクタをシステムから削除することでうまくいきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとう